9119 飯野海運 東証1 15:00
433円
前日比
+6 (+1.41%)
比較される銘柄: 郵船明治海商船三井
業績: 今期予想
海運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.8 0.74 2.31 2.55

銘柄ニュース

戻る
2016年03月17日16時39分

飯野海運 Research Memo(4):海運はケミカルタンカーとガスキャリアが主力


■事業内容と特徴・強み

海運業は、原油や石油製品を輸送するオイルタンカー、石油化学製品を輸送するケミカルタンカー、LNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)を輸送する大型・小型ガスキャリア、石炭・木材チップ輸送用の専用船および穀物・鋼材・肥料などを輸送するドライバルクキャリア(ばら積み貨物船)を運航している。グローバル・ネットワークを駆使した効率的な輸送で、多種多様な貨物の長期的かつ安定的供給を実現している。

1964年定期船部門分離・譲渡後の海運業関連のトピックスには、1973年に船舶管理業務を行うイイノマリンサービス(株)を設立し、翌年わが国初の仕組船混乗化を実現、1991年インドネシア産LNGプロジェクトに参画によるLNG輸送への進出、1999年規制に先駆け飯野海運<9119>初のダブルハルタンカー竣工、2001年世界最大級のサウジアラビア・メタノール製造プロジェクトに参画(2004年操業開始)、2003年同社初の自主運航LNGキャリア竣工、2005年国内で2隻目となる内航LNGキャリア竣工、2009年ケミカルタンカーによるバイオETBE(エチル・ターシャリ・ブチル・エーテル)輸送開始などがある。

現在は外航海運業(オイルタンカー、ケミカルタンカー、大型ガスキャリア、ドライバルクキャリア)および内航・近海海運業(小型ガスキャリア)で、遠洋から近海にわたる幅広い水域で海上輸送サービスを提供している。

2015年9月期末の飯野海運グループ運航船舶(共有相手持分含む)は、飯野海運および連結子会社イイノガストランスポート、IINO SHIPPING ASIA PTE. LTD.の3社合計114隻で、載貨重量は4,366,700重量トンである。

このうち外航海運はオイルタンカー3隻、ケミカルタンカー42隻、大型ガスキャリア(LNG、LPG)17隻、ドライバルクキャリア22隻、内航・近海海運は小型ガスキャリア(LNG、LPG)30隻である。ケミカルタンカーとガスキャリアが主力である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田 雅展)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均