9107 川崎汽船 東証1 13:01
271円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 郵船商船三井飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.90 0.91

銘柄ニュース

戻る
2015年12月04日12時33分

川崎汽船、国内大手証券は16年3月期経常利益予想を492億円から243億円に引き下げ

 川崎汽船<9107>が続落。マイナススタートで始まり、その後も売りが優勢の展開。本日の安値圏で推移している。
 国内大手証券では、日系(海運大手)3社の中ではドライバルク船のフリー船の比率が小さく、コンテナ船でも航路再編や大型船の導入で費用の合理化を進めている点は評価できると指摘。それでも、需要減速から稼ぎ頭の北米航路の運賃が停滞、円安、燃料安が一巡する中で、市場平均に対しアウトパフォームすることは難しいと考え、16年3月期経常利益予想を492億円から243億円(会社計画は200億円)に引き下げ。
 レーティングを「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価を390円から270円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均