9101 日本郵船 東証1 15:00
2,040円
前日比
+5 (+0.25%)
比較される銘柄: 商船三井川崎汽飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.7 0.65 0.98 5.30

銘柄ニュース

戻る
2017年02月17日11時07分

郵船など海運株が高い、バルチック指数底入れの兆候で買い優勢

 日本郵船<9101>をはじめ、NSユナイテッド海運<9110>、明治海運<9115>、飯野海運<9119>など海運株が総じて高い。業種別上昇率で上位となっている。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の低迷が目立っており、一部大型船で採算割れの成約も発生していることが伝わっている。ただ、中国の景気減速懸念がここにきて後退していることや、鉄鉱石の価格急騰が伝わるなど足もとの外部環境には変化が出ている。

 そうしたなか、ばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数も下落基調が続いていたが、足もと底入れの兆候が出始めた。バルチック指数は前日16日時点で22ポイント高の710と続伸。これを受けて同指数と株価連動性の高い海運株にも買い戻す動きが出ている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2017年02月17日 11時08分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均