9101 日本郵船 東証1 15:00
248円
前日比
+5 (+2.06%)
比較される銘柄: 商船三井川崎汽飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.84 2.03

銘柄ニュース

戻る
2016年03月07日10時22分

海運株が業種別値上がりトップ、バルチック指数が16日続伸

 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など大手をはじめ海運株の上昇が目立つ。海運セクターは業種別値上がり率でトップに買われている。

 鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数の底入れが一段と鮮明となってきた。中国の景気減速などを背景にばら積み船市況は低迷を続けてきたが、ここにきて中国政府当局の経済政策などへの期待感が強まっており、連動するようにバルチック指数の上昇が顕著だ。前週末時点で7ポイント高の349と16日続伸、一方通行の戻り足をみせており、低位株の宝庫である海運セクターの見直し人気にもつながっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均