9044 南海電気鉄道 東証1 15:00
573円
前日比
+8 (+1.42%)
比較される銘柄: 近鉄GHD阪急阪神京阪HD
業績: 今期予想
陸運業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.5 1.57 1.05 0.69

銘柄ニュース

戻る
2015年12月11日11時20分

南海電鉄が反発、有力処は燃料安メリットや中期的インバウンド需要拡大評価の展開を想定

 南海電気鉄道<9044>が反発。マイナススタートで始まったものの、安寄り後は買いが優勢の展開。株価は8月20日以来の水準まで上昇しており、現在は本日の高値圏で推移している。

 東海東京調査センターでは、15年4~9月期はインバウンド需要拡大の恩恵を受けたほか、バス事業では燃料安の恩恵も享受できたと指摘。株価は株式市場の下落のなかで底堅い動きと評価しており、燃料安メリットや中期的なインバウンド需要拡大を評価する展開を想定している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均