8920 東祥 東証1 15:00
4,770円
前日比
+110 (+2.36%)
比較される銘柄: 東京ドーム共立メンテロイヤルホ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.4 4.43 0.46 0.25

銘柄ニュース

戻る
2016年02月01日10時07分

東祥が5連騰で昨年来高値更新、ホテル稼働率堅調で16年3月期業績予想を上方修正

 東祥<8920>が5連騰し、昨年来高値を更新している。前週末1月29日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の182億円から190億円(前期比12.5%増)へ、営業利益を48億円から53億円(同23.1%増)へ上昇修正したことが好感されている。スポーツクラブ事業で会員数が増加していることに加えて、ホテル事業で宿泊稼働率が堅調に推移していることが要因としている。また、原油価格低下による水道光熱費などの減少も利益増に寄与したという。

 業績予想の修正に伴い、従来10円としていた期末配当予想を11円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されているようだ。なお、年間配当は21円(従来予想20円、前期19円)を予定している。

 また、同時に発表した第3四半期累計(15年4~12月)決算は、売上高143億500万円(前年同期比14.2%増)、営業利益41億3500万円(同23.7%増)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均