8905 イオンモール 東証1 15:00
1,671円
前日比
+30 (+1.83%)
比較される銘柄: 三井不東建物東急不HD
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.1 1.19 1.62 0.68

銘柄ニュース

戻る
2015年09月14日14時47分

米系大手証券、不動産セクターに更なる下方調整リスクは限定的との見解

 ゴールドマン・サックス証券の不動産セクターのリポートでは、「渋谷区での複数の大型再開発に絡んだ既存ビルの取壊しやIT関連企業のオフィス需要増加等に伴い、オフィス市況は強含みで推移する」と予想。「オフィス市況改善等の不動産ファンダメンタルズ回復に比して、不動産株は大幅に調整している」との見方で、15年3月期会社開示賃貸等不動産の時価ベースの税引き後NAVに対し、大手3社は平均12%のプレミアム、中堅4社(イオンモール<8905>除く)は平均11%のディスカウントで取引されていることから、「現株価は割安な水準」とみて、「仮にグローバルの不動産キャップレートの上昇リスクを織り込んだとしても、更なる下方調整リスクは限定的」と解説。
 個別では、オフィス市況回復の恩恵を受ける東京建物<8804>、エヌ・ティ・ティ都市開発<8933>、三菱地所<8802>、三井不動産<8801>の「買い」を強調している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均