8881 日神不動産 東証1 15:00
510円
前日比
-4 (-0.78%)
比較される銘柄: 日エスコンフージャース明和地所
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.3 0.54 2.35 9.43

銘柄ニュース

戻る
2016年06月30日08時45分

日神不動産<8881>---中期経営計画を策定、マンション分譲業から総合不動産・建設業へ

日神不動 <日足> 「株探」多機能チャートより

日神不動産<8881>は新築分譲中心のマンションデベロッパー。東京・神奈川が主力エリアで、ファミリー向けマンションのパレステージシリーズ、単身・ディンクス向けマンションのデュオステージシリーズを展開。不動産仲介やリフォーム、リノベーション、リート事業など事業フィールドを拡大している。

足元の業績では、16年3月期の売上高が前年比14.8%増の725.76億円、営業利益が同37.1%増の51.90億円、経常利益が同33.4%増の49.36億円、当期純利益が同34.8%増の38.65億円だった。旺盛な建設需要や受注単価の引き上げなどが寄与し、建設事業などが好調だった。17年3月期については、売上高が前年比10.2%増の800.00億円、営業利益が同21.0%減の41.00億円、経常利益が同19.0%減の40.00億円、当期純利益が同22.4%減の30.00億円を見込んでいる。

同社は17年3月期から20年3月期までの4ヵ年を対象とする中期経営計画を策定し、最終年度の20年3月期に売上高1,000.00億円、経常利益60.00億円を目指す。達成に向けては、マンション分譲事業、建設事業、不動産管理事業、不動産証券化事業の4本柱の拡大成長を図ることで、外部環境の変化の影響を受けない体質を強化するとともに、総合不動産業者として企業価値向上を目指す。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均