8830 住友不動産 東証1 11:20
3,177.0円
前日比
-53.0 (-1.64%)
比較される銘柄: 三井不菱地所東建物
業績: 今期予想
不動産業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.1 1.61 0.72 1.01

銘柄ニュース

戻る
2016年02月24日14時16分

欧州大手証券、不動産株はデフレ回帰を織込み割安、買い推奨は三井不、菱地所、住友不、NTT都市

 UBS証券の不動産セクターのリポートでは、マイナス金利政策下で不動産向け貸出しは更に増加する可能性が高いと指摘。大手不動産会社の株価はCPI等のマクロ指標に先行して動く傾向があるとみて、原油価格が底打ちする等してわずかでもインフレ期待が醸成され、来年にかけて少しでもCPIが改善する見通しが市場に広がれば、株価上昇に持続性が出てくると解説。

 株価は既にデフレへの回帰を織込み済みで割安と評価し、個別では、三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>、NTT都市開発<8933>のレーティング「バイ」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均