8801 三井不動産 東証1 15:00
2,745.0円
前日比
+56.0 (+2.08%)
比較される銘柄: 菱地所住友不東建物
業績: 今期予想
不動産業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.7 1.43 1.17 0.77

銘柄ニュース

戻る
2016年07月11日09時30分

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家中原良太:まさか、暴落はもう1度来るのか?__


NEW_LINE
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報 - Stock Forecast」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年7月9日15時 に執筆

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

7月の相場は、幸先の悪いスタートとなりました。
暴落後の相場上昇はピタリと止み、、、

一転、先週は売り優勢の展開が続きましたね。
今の状況で利益を出すのは、なかなか難しいです。
空売りでもしていない限り、利益は出せなさそうな相場ですね…。

7月4日から7月8日までの日経平均は1勝4敗。
上昇したのは1日にとどまり、残りの4日は連続下落となりました。

日経平均のチャートは下落トレンドに入っており、
上昇の勢いも弱いので、このまま相場はズルズルと下落していくのかなぁ…?
と。悲観的に見積もっています。

先週に引き続き、特に不安なのはドル円の為替レートです。
ドル円レートは、EU離脱前は1ドル=105円付近を推移していましたが、
EU離脱が確定した後には、1ドル=102円台にまで円高に推移しており、
今では、1ドル=100円台に定着しつつあります。

こうなると、輸出がメインの大型株が、全然上がってくれません。
日経平均やTOPIXを中心に、下落が続く可能性が高いでしょうね…。

長期的に考えると、割安な株はわんさかありますが、
今が底かは、正直全く分かりません。

ですから、「安いから買っちゃえ!」と安易に飛びつくと、
このまま半年?1年の塩漬けとなってもおかしくないような。
そんな状況なのではないかと思っています。

まだまだ下落相場が続くようなら、
今割安な株を買っても、続落に遭い、そのまま損することになりますからね。

だから、「少し、割安だから…」という理由で株を買うのは、
まだ理由としては弱いような気がします。

下落相場がまだまだ続きそうなので、今の相場では、
「明らかに安い!」と思える、急落中の超割安株を選ぶのが無難でしょう。

なお、先週に入ってからは、今まで強かった新興市場も、陰りを見せつつあります。ですので、「新興市場なら大丈夫!」などと、楽観的な見方もできなくなってきました。

だから、今は、順張り投資はしづらいですね。どんな銘柄を選ぶにせよ、
「急落している、超割安株」を選ぶのが無難だと思います。

…と、いうことで。今のところの僕の投資スタンスはこんな感じです。

【日経225銘柄:逆張り】
注目中の銘柄例:三井不動産<8801>
17年3月期は、最高益を更新する計画。イギリスのEU離脱による悪影響が懸念されていますが、直近の下落によって、徐々に割安感が増していると考えられます。直近は2000円まで株価が下落しています。もう一段下がったタイミングを狙えば、リバウンドによる利益も見込めるかも。

【TOPIX:逆張り】
注目中の銘柄例:良品計画<7453>
業績は着々と拡大傾向。海外での出店も積極的で、更なる業績拡大にも期待できます。直近は2万円付近で株価が右往左往していますが、もう一段押したタイミングで仕込んでみるのもアリかもしれません。

【ジャスダック:逆張り】
注目中の銘柄例:シノケングループ<8909>
業績は着々と拡大中。16年12月期も最高益更新の計画。アパート販売が好調な上、直近の株価下落により、予想PERは10倍割れと、ジョジョに割安感が増してきています。まだまだ割安感が残っている今、もう一段下がれば逆張りの好機とも言えるでしょう。

【マザーズ:逆張り】
注目中の銘柄例:アカツキ<3932>
業績は絶好調。着々と拡大を続けています。欧米やアジアでも好調で、今後の業績拡大にも期待です。上場直後でまだ株価は安定していませんが、目先は3000円あたりを節目と意識した値動きをしているようです。直近の急落により徐々に割安感が出てきていますので、そろそろ逆張りで狙っても良い銘柄かもしれません。さらなる下落があったタイミングで買い付けたい有力候補です。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

相場の状態がどうあるにせよ、貪欲に利益を狙っていきたいところですね。

ちなみに、僕自身は、「これから先、そう遠くない未来に、再び暴落が来る」と踏んでいます。根拠は特にないので、ただの勘なのですが…(苦笑)

万が一そうなっても良いように、暴落時対策をしておくのも大事ですね!^^@

- 中原良太


----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報 - Stock Forecast

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均