8798 アドバンスクリエイト 東証1 11:07
1,906円
前日比
+5 (+0.26%)
比較される銘柄: ニュートンFライフネットソニーFH
業績: 今期予想
保険業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.6 4.78 2.36 0.07
決算発表予定日  2017/11/10

銘柄ニュース

戻る
2016年11月16日07時49分

アドバンスクリエイト---2016年9月期は増収減益で着地、2017年9月期は増収増益を見込む


アドバンスクリエイト<8798>は11月11日に2016年9月期決算を発表。売上高が前の期比0.3%増の72.95億円、営業利益が同17.3%減の9.54億円、経常利益が同19.0%減の9.26億円、当期純利益が同9.5%減の5.82億円で着地した。なお、2016年7月22日に東証1部市場に指定変更したことを記念して記念配当を実施。2016年9月期の1株当たり年間配当金は前期比2.5円増配の47.5円(普通配45.0円+記念配2.5円)になる予定だ。

国内最大級の保険選びサイト「保険市場(ほけんいちば)」を運営するメディア事業が好調だったほか、再保険事業も順調に売上を伸ばしたが、主力の保険代理店事業の苦戦を補えなかった。保険代理店事業は、WEB資料請求や商談数(アポイント数)は増加したものの、マイナス金利に伴う学資・年金保険等貯蓄性商品の販売停止や、代理店手数料率の相対的低下などが売上高の伸び率を抑制。売上減の影響や人件費の増加などが利益を下押しする要因となった。一方、メディア事業と再保険事業はともに増収増益となり、全体の業積を下支えした。

2017年9月期は売上高が前期比8.4%増の79.10億円、営業利益が同7.9%増の10.30億円、経常利益が同7.9%増の10.00億円、当期純利益が同2.9%増の6.00億円を見込む。計画達成に向けては、保険代理店事業とメディア事業及び再保険事業とのシナジーを追求。WEBマーケティング手法の見直しなどで資料請求数やアポイント数の増加を図るとともに、人材育成・強化などにも取り組んでいく方針だ。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均