8750 第一生命HD 東証1 15:00
1,995.5円
前日比
+16.0 (+0.81%)
比較される銘柄: ソニーFHT&D東京海上
業績: 今期予想
保険業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.9 0.83 2.00 0.27

銘柄ニュース

戻る
2015年11月04日19時00分

郵政3社新規上場【初値2929円】初値分析:かんぽ生命保険<7181>【フィスコIPOナビ】


※このコンテンツは、ヤフーファイナンスストアのレポート“フィスコIPOナビスタンダード「初値分析」”より抜粋したものです。



初値【2929円】
(フィスコ初値予想:2500円)

初値は公開価格を33.1%上回る2929円となった。初値形成時の出来高は794万1300株だった。日本郵政グループ3社の株式をセットで取得しようとする投資家が多く、相対的に売出株数の少ない同社は需給が逼迫しやすかった。さらに、こうした需給面に着目した短期投資家の買いも向かい、大方の想定を大きく上回る初値形成となった。

買い気配からのスタートとなり、10時06分に2929円で全株一致となった。初値形成後も資金流入が続き、大引けにかけてストップ高まで上昇した。終値は初値を17.1%上回る3430円となった。

今後の株価動向については、目先は短期の値幅取り狙いの物色が継続し、上値追いの展開となる可能性がある。ただ、本日の終値ベースの今期予想PERは24.5倍、前期実績PBRは1.04倍となり、類似企業と比較してバリュエーション面での割高感が強まってきた(第一生命保険<8750>は今期予想PER16.0倍、前期実績PBR0.71倍)。IPO直後の物色が一巡したのち、水準訂正の動きが強まることも想定しておく必要がある。


かんぽ生命保険<7181> 市場/東1
上場日:11/04
事業内容:生命保険業
公募株数:?株
売出株数:66,000,000株
上場時発行済株式数:600,000,000株
主幹事証券:野村証券
売買単位:100株
公開価格:2200円
フィスコ初値予想:2500円
初値:2929円
対公募価格上昇率:33.1%
出来高:41,461,100株
出来高/公開株数:62.8%
予想連結EPS:140.00円
初値連結PER:20.9倍
※予想EPSは上場時発行済株式数で試算

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均