8697 日本取引所グループ 東証1 15:00
1,799円
前日比
+20 (+1.12%)
比較される銘柄: 日立キャピ三菱Uリース東京センチュ
業績: 今期予想
その他金融業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.5 3.87 2.33 0.63

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日12時24分

日本取引所が反落、欧州大手証券はデリバティブ収益4倍で今の株価を説明できると指摘

 日本取引所グループ<8697>が反落。売り気配で始まり、安いところでは前日比103円安の1861円まで下落。1878円で前場の取引を終えている。
 クレディ・スイス証券では、株価は利益の変動要素ではなく、TOPIXなど株式市場の絶対水準と連動する状況が続いていると指摘。「デリバティブの収益を4倍にして初めて今の株価水準を説明できることを強調したい」として、16年3月期営業利益予想を639億1600万円から637億円に引き下げ。
 レーティング「アンダーパフォーム」を継続、目標株価を1310円から1240円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


日経平均