8625 高木証券 東証2 15:00
231円
前日比
+7 (+3.13%)
比較される銘柄: だいこうトレイダーズインヴァスト
業績: -
証券・商品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.49 4.99

銘柄ニュース

戻る
2015年12月01日16時07分

高木証券 Research Memo(2):近畿・関東を中心に13店舗、株式に加え投資信託の比率の高さに特徴


■会社概要

(1)事業概要

高木証券<8625>は大阪市北区に本店を置く中堅証券会社である。店舗数は本店を含め13店舗を有し、そのうち、近畿が6店舗、関東が5店舗、中部(名古屋)が1店舗、九州(福岡)が1店舗となっている。また、11月2日には、業界初となる投資信託専門店舗である「投信の窓口」を東京・日本橋と三軒茶屋に同時オープンした。

個人取引を主体とした対面型の営業に定評があり、店舗を持たずに手数料の安さを売りとするネット証券とは一線を画している。特に、対面営業の強みを生かせる商品として、投資信託のコンサルティング営業に注力している。

同社収益の柱は、株式や投資信託、債券など、顧客の有価証券売買を仲介することによる「受入手数料」であり、営業収益(売上高)の約83.6%を占めている(2015年3月期実績)。「受入手数料」を商品別に見ると、「株券」と「受益証券(投資信託)」の比率が高く、特に「投資信託」の構成比が高いところに同社の特徴がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均