8411 みずほFG 東証1 15:00
203.3円
前日比
+1.1 (+0.54%)
比較される銘柄: ゆうちょ銀三菱UFJ三井住友FG
業績: -
銀行業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.4 0.58 3.69 4.12

銘柄ニュース

戻る
2016年11月16日09時07分

メガバンクの活況高続く、トランプ効果による潮目変化で割安是正の買い◇

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクは引き続き上値追い態勢を継続。株価の上昇だけでなく、ここにきて売買代金も上位を独占するなど物色人気の高まりが顕著だ。

 メガバンク3社の4~9月期決算は日銀のマイナス金利政策の影響を受けて、いずれも最終減益で着地したが、米国の長期金利上昇や金融規制の緩和期待を背景に内外機関投資家が買い急ぐ動きにあるようだ。潮目の変化でPERやPBRなどバリュエーション面からの出遅れ感が改めて意識されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均