8396 十八銀行 東証1 09:44
300円
前日比
+1 (+0.33%)
比較される銘柄: 東和銀栃木銀愛媛銀
業績: 今期予想
銀行業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 0.33 2.33 4.50

銘柄ニュース

戻る
2016年03月01日13時39分

西日シ銀が安い、国内大手証券は株価に大きな変化をもたらす材料が現段階ではないとみる

 西日本シティ銀行<8327>が安い。現在は下げ幅をやや縮小して推移している。

 SMBC日興証券は、ふくおかFG<8354>・十八銀行<8396>の統合でカタリスト不足が鮮明になったと判断するとリポートで紹介。九州内再編が進んだことで、佐賀銀行<8395>や大分銀行<8392>などに対して、西日本シティ銀行が持株会社の形も生かしつつ、どう動くかという点は注目されると指摘。

 ただ、仮に再編が進んでも、必ずしも西日本シティ銀行の株価の再評価につながるとも考えにくく、株価に大きな変化をもたらす材料が現段階ではなく、投資評価を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)へ格下げし、目標株価は400円から220円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均