8304 あおぞら銀行 東証1 15:00
4,320円
前日比
-45 (-1.03%)
比較される銘柄: 新生銀りそなHD三井住友トラ
業績: 今期予想
銀行業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.7 1.18 1.47
決算発表予定日  2017/11/13

銘柄ニュース

戻る
2016年11月16日11時38分

<動意株・16日>(前引け)=住江織物、あおぞら銀行、エイベックス

 住江織物<3501>=急騰。15日放送のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト(WBS)」で、同社の光で「発電する糸」が取り上げられたことが刺激材料となっているようだ。 なお、同社は15日取引終了後に、17年5月期第1四半期(6~8月)の連結決算を発表。インテリア事業の営業損失などが影響し、売上高は223億9200万円(前年同期比0.4%減)、営業損益は2億4100万円の赤字(前年同期は1億9900万円の黒字)となった。

 あおぞら銀行<8304>=大幅高。同社が15日取引終了後に発表した17年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は、経常収益が659億9000万円(前年同期比9.5%増)、経常利益は278億3000万円(同6.2%減)、最終利益は258億5700万円(同6.4%増)だった。最終利益は有価証券利息配当金の拡大や貸倒引当金取り崩しに伴う与信費用の戻し入れなどが寄与している。ここメガバンクを筆頭に銀行セクターへの物色人気が継続、株価的に出遅れており年間配当利回りが5%近い同社株への買いが厚みを帯びている。

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860>=大幅高。ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が世界的に大ヒットしている。同社傘下のレーベルに所属するタレントのピコ太郎による「PPAP」が動画サイトに公開されると再生回数は2カ月強で8000万回を突破した。これを受け、岩井コスモ証券は15日、同社株の投資判断を新規「A」とし目標株価を1700円とした。同証券では、PPAPから得る収益は現時点では限定的とみているが、「足もとではアルバム化や商品化の動きが進められており、海外からのCM化のオフォーもある模様」とし「今後の業績上乗せ要因として期待したい」としている。また、アニメ映像パッケージ「おそ松さん」やライヴなどが想定以上で今期業績の上振れを期待している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均