8270 ユニーGHD
業績: -
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率

銘柄ニュース

戻る
2016年08月24日07時28分

前日に動いた銘柄 part1:小野薬品、東京電力、PCデポなど


銘柄名<コード>⇒8月23日終値⇒前日比


小松精練<3580> 694 +100
集成材を炭素繊維で補強する技術を開発と報じられる。

日本システム<9739> 1459 +79
英ARMとの提携関係をあらためて材料視。

セイノーHD<9076> 1053 +49
1000円レベルでの底堅さから買戻しも。

キユーピー<2809> 3030 +132
ディフェンシブ物色の流れからリバウンド狙い。

あいHD<3076> 2184 +95
決算発表後の株価下落過剰反応とも。

ユニーグループ<8270> 1096 +46
あらためてファミマの日経平均採用に伴う需給期待で。

東邦チタ<5727> 646 -37
大阪チタニウムの下落も影響へ。

マネーパートナーズ<8732> 482 -27
フィンテック関連として22日に上昇の反動も。

竹内製<6432> 1311 -65
大手建設機械株の軟化もマイナス視へ。

新光電工<6967> 528 -26
23日は半導体関連にも見切り売りが優勢となる。

Jフロント<3086> 1222 -59
月次売上の伸び悩み継続などネガティブ視か。

ネクスト<2120> 747 -36
ジェフリーズ証券では目標株価を引き下げ。

アウトソーシング<2427> 3645 +160
TIWのポジティブなレポートなども材料視か。

小野薬品<4528> 2981.5 +162
オプジーボの血液がん用を年内にも発売と伝わる。

西松屋チェーン<7545> 1492 +107
22日に発表した月次動向をポジティブ視へ。

アイスタイル<3660> 718 +37
内需株への資金シフトで関心が高まりやすい。

トクヤマ<4043> 392 +26
シリコンウエハ関連として関心継続、需給妙味も強まり。

エムスリー<2413> 3150 +140
内需の高成長株として押し目買いの動き優勢に。

日清食品HLDG<2897> 5970 +290
JPモルガン証券では投資判断を一気に2段階格上げ。

フルキャスト<4848> 820 +25
特に材料は観測されないがリバウンド力強まる。

オープンハウス<3288> 2408 +110
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。

ラウンドワン<4680> 743 +23
足元の月次回復などを評価する動き継続へ。

日本トムソン<6480> 341 +15
自己株式の取得実施発表を材料視。

東京電力<9501> 372 +19
ソニーとのIoT提携を好材料視する動きに。

雪印メグミルク<2270> 3280 +140
ディフェンシブへの資金回帰で関心向かう。

スタートトゥ<3092> 4710 +185
内需株への資金シフトでリバウンド期待。

PCデポ<7618> 889 -104
支持線となる1000円レベルも割り込み。

エスケイジャパン<7608> 304 -57
22日に大引けにかけて急伸した反動。

SUMCO<3436> 860 -55
UBS証券では目標株価を引き下げている。

大阪チタ<5726> 1322 -96
リバウンド一巡感で戻り売りが優勢に。

TOWA<6315> 1240 -106
高値圏で利食い売りが優勢にも。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均