貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
イオンの【株価予想】【業績予想】を見る

8267イオン

東証1
2,386.5円
前日比
-24.0
-1.00%
比較される銘柄
セブン&アイ, 
ファミマ, 
ローソン
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.02 1.51 0.15
時価総額 2808億円

銘柄ニュース

戻る

前日に動いた銘柄 part2FRACTALE、ホープ、ハウテレビジョンなど


銘柄名<コード>⇒30日終値⇒前日比

ベクトル<6058> 1146 -68
高水準の信用買い残など需給不安が続く。

JBR<2453> 1174 -87
地合い悪化で個人投資家の見切り売りが優勢か。

千趣会<8165> 263 -18
リバウンド一巡から短期資金の利食い先行。

幸楽苑HD<7554> 2956 -144
上値到達感も強まり手仕舞い売りが優勢に。

日本通信<9424> 139 -17
年初来の高値水準では戻り売り圧力も優勢に。

メンバーズ<2130> 1989 -91
短期的な過熱感から利食い売りも優勢に。

小野薬品工業<4528> 1862 -79
クレディ・スイス証券では投資判断を格下げ。

北越コーポレーション<3865> 532 -22
急騰前の水準も割り込み手仕舞い売り優勢。

アシックス<7936> 1223 -70
中国消費減退懸念などで直近の下値支持線を割り込み。

レーザーテック<6920> 3730 -150
クレディ・スイス証券では投資判断を格下げ。

ピジョン<7956> 4195 -205
岡三証券では投資判断を格下げ。

アステラス製薬<4503> 1473.0 -65.0
29日はクレディ・スイス証券の格上げで買い優勢も。

イオン<8267> 1884 -60.5
29日には大和証券が目標株価引き下げ。

資生堂<4911> 7875 -176
景気停滞に伴う中国消費の落ち込み懸念。

FRACTALE<3750> 542 +80
再生医療関連としての側面などに関心も。

アスカネット<2438> 1433 -
19年4月期の営業利益予想を8.68億円に上方修正、年間配当は11円に増額。

イグニス<3689> 1179 +8
19年9月期第3四半期に投資有価証券売却益5.69億円。

SIG<4386> 674 +33
6月5日に東証第2部に市場変更。

ブリッジ<7039> 3966 -6
RevComm、ブイキューブと営業の働き方改革支援でサービス連携。

ニュートンFC<7169> 1677 +76
上限20万株(5億円)の自社株買い実施へ、発行済総数に対する割合は1.11%。

リネットジャパン<3556> 1326 -31
新株予約権7500個に行使許可、許可期間は6月12日まで。

アジアゲート<1783> 66 +3
香港のSincere Watchの株式を取得。

マネーフォワード<3994> 3875 +80
クレセゾン<8253>と連携、「プリカに しらたま」の提供を開始。

ホープ<6195> 2015 +400
引き続き上方修正を手掛かり材料に。

ハウテレビジョン<7064> 4980 +630
直近IPO銘柄として短期資金向かう。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均