8267 イオン 東証1 15:00
1,574.5円
前日比
-7.0 (-0.44%)
比較される銘柄: セブン&アイローソンユニファミマ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
131 1.20 1.91 0.23

銘柄ニュース

戻る
2015年12月04日14時35分

イオンが反落、米系大手証券はレーティング「アンダーウエイト」と目標株価1400円を継続

 イオン<8267>が反落。マイナススタートで始まり、現在は本日の安値圏で推移している。
 JPモルガン証券では、16年2月期第3四半期営業利益は前年比3倍弱の170億円と予想。小売事業では、新規連結影響が約60億円、既存事業の増益が約40億円、その他主要セグメントも概ね順調とみているものの、消費増税影響の無い2年前比では4割以上減益と推定。
 今期業績でより重要なのは第4四半期の動向とみて、株価水準は割高圏と解説。
 レーティング「アンダーウエイト」と目標株価1400円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均