8267 イオン 東証1 15:00
1,620.0円
前日比
+4.5 (+0.28%)
比較される銘柄: セブン&アイローソンユニファミマ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
135 1.24 1.85 0.20

銘柄ニュース

戻る
2015年10月08日10時19分

イオン---大幅反落、GMS事業の不振を警戒視も


イオン<8267>は大幅反落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は723億円で前年同期比67%の大幅増益となる。食品スーパーなどグループ会社の新規連結効果などが大幅増益の一因に。ただ、営業利益は先の観測報道どおりの数値であり、大幅増益にもインパクトは限定的にとどまる状況へ。一方、上半期の純利益は21億円の水準にとどまっていることをネガティブ視する向きも。少数株主持分が大幅に増加するなか、外部流出のない100%子会社が中心のGMS事業は赤字幅を拡大させている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均