8202 ラオックス 東証2 15:00
798円
前日比
-3 (-0.37%)
比較される銘柄: ヤマダ電上新電ノジマ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.11 0.88

銘柄ニュース

戻る
2016年01月22日15時00分

インバウンド関連が軒並み高、アジア株堅調も買い安心感に

 資生堂<4911>、オリエンタルランド<4661>、高島屋<8233>、エイチ・アイ・エス<9603>、サンドラッグ<9989>、ラオックス<8202>などインバウンド関連株の上昇も目立っている。訪日外国人観光客の増勢は続いているものの、今年は月次伸び率という点で鈍化が予想されることや、中国の景気減速懸念などを背景に株価は下値を探る展開にあった。しかし、目先は全体相場急反騰の流れに乗っている。きょうは中国・上海株をはじめアジア株市場が総じて高いことも買い安心感につながっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均