8202 ラオックス 東証2 10:15
760円
前日比
+4 (+0.53%)
比較される銘柄: ヤマダ電上新電ノジマ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.06 0.86

銘柄ニュース

戻る
2015年12月28日09時13分

ラオックスは売り買い交錯、好悪材料綱引きで乱高下

 ラオックス<8202>は売り買い交錯。中国人留学生を不法就労させていたとして、法就労助長などの容疑で羅社長が書類送検された。ただ、羅社長の書類送検容疑は昨年6月~今年9月、大阪市内の2店舗で、中国人留学生の男女3人を入管難民法で定められた時間を超えて勤務させた疑いで、株価的にはネガティブサプライズとはならなかったようだ。一方、中国の緑地控股集団と合弁会社を設立し、共同で千葉の大規模商業施設「千葉ポートスクエア」を取得することを発表、緑地集団は中国不動産最大手で、これを材料視する買いも入っているようだ。



出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均