8113 ユニ・チャーム 東証1 15:00
2,420.0円
前日比
+12.0 (+0.50%)
比較される銘柄: 花王資生堂三菱ケミHD
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
34.0 4.07 0.66 1.24

銘柄ニュース

戻る
2016年02月02日14時45分

日立建機など中国関連株は軟調、日銀マイナス金利政策は人民元高要因にも

 日立建機<6305>など中国関連株は軟調。コマツ<6301>やユニ・チャーム<8113>なども値を下げている。1日に国家統計局と中国メディア財新が発表した中国製造業PMIは、ともに好不況の分かれ目となる50を割り込んでおり、中国景気の足腰の弱さが再認識された。また、日銀がゼロ金利政策を導入したことで円安が進行。人民元はドル高と歩調を合わせる格好で、上昇する可能性があり、輸出増が期待される中国景気には逆風になるとの見方もある。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均