8113 ユニ・チャーム 東証1 15:00
2,408.0円
前日比
-20.0 (-0.82%)
比較される銘柄: 花王資生堂三菱ケミHD
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.9 4.05 0.66 1.24

銘柄ニュース

戻る
2015年09月25日10時45分

JPHDが値上がり率トップ、子育て支援関連として脚光浴びる

 JPホールディングス<2749>が急伸し、10時35分時点で東証1部の値上がり率トップとなっている。自民党総裁に正式に再選された安倍晋三首相が24日、記者会見し、2020年に向けた新たな「3本の矢」として、子育て支援策や社会保障の充実につながる介護離職ゼロなどを目標に掲げたことを受けて、保育園運営を手掛ける同社が子育て支援関連の代表格として脚光を浴びている。
 安倍首相が打ち出した新たな3本の矢は「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の3項目。なかでも子育て支援では、現在1.4程度の出生率を1.8まで引き上げる目標を掲げていることから、同社のビジネスチャンス拡大につながるとの見方が強い。同様に保育所受託などを手掛けるサクセスホールディングス<6065>、ベビー衣料の西松屋チェーン<7545>、育児用品のピジョン<7956>、紙おむつのユニ・チャーム<8113>なども買いが優勢となっている。

JPHDの株価は10時36分現在332円(△38円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均