8060 キヤノンMJ 東証1 15:00
2,355円
前日比
+29 (+1.25%)
比較される銘柄: 白銅岩谷産ダイトロン
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.1 1.01 2.55 0.32

銘柄ニュース

戻る
2018年05月23日14時34分

キヤノンMJが後場上げ幅を拡大、米アプレ社とレーザー干渉計の販売契約を締結

 キヤノンマーケティングジャパン<8060>が後場上げ幅を拡大している。この日午後、米アプレ・インスツルメンツ社と日本国内における販売契約を締結し、レーザー干渉計Sシリーズの販売を開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 レーザー干渉計は、光学部品や鏡面加工部品などの品質検査で使われる計測機器で、光学レンズや高精度ミラーのほか、半導体・液晶露光装置の製造工程や宇宙・衛星分野で用いられる光学部品の検査工程などでも使用されている製品。今回の販売契約締結により、国内独占販売製品「S100|SRW」などを販売することになり、業績への貢献が期待されている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均