8028 ユニファミマ 東証1 15:00
7,160円
前日比
+10 (+0.14%)
比較される銘柄: セブン&アイローソンイオン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.5 3.20 1.56 0.09
決算発表予定日  2017/01/10

銘柄ニュース

戻る
2016年06月21日14時03分

ユニーGHD、国内大手証券は特別損失は大幅に膨らむ可能性が高いと指摘

 ユニーグループ・ホールディングス<8270>が小動き。現在は前日終値791円近辺で推移している。

 大和証券がリリースしたリポートによると、5月26日開催の株主総会で承認を受け、ファミリーマート<8028>との経営統合が確定(9月1日付予定)、8月29日付で上場廃止となる予定のユニーGHDについて、統合後のリスク要因を排除すべく、統合前に低効率資産を抜本的に整理する方針と紹介。ただ、ユニーGHDが5月26日に約80億円の特別損失発生に加え、当期利益予想の取り下げを発表したことに関しては、特別損失は大幅に膨らむ可能性が高いと指摘。

 同証券は引き続き、経営統合を織込まない既存事業ベースで業績予想を作成。従来に比べ連結営業利益を小幅増額し、目標株価を700円から800円へ引き上げ。投資判断は「3」(中立)を継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均