7932 ニッピ JQ 14:58
840円
前日比
+1 (+0.12%)
比較される銘柄: シーズHDリプロセル生化学
業績: 今期予想
その他製品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
5.8 0.47 1.19 531

銘柄ニュース

戻る
2016年06月21日09時12分

リプロセルがカイ気配、マトリクソーム社と販売業務提携を締結

 リプロセル<4978>がカイ気配スタートとなっている。20日の取引終了後、マトリクソーム(大阪府吹田市)と、「iMatrix-511」に関して販売業務提携契約を締結したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 マトリクソーム社は、大阪大学蛋白質研究所の関口清俊教授とニッピ<7932>の共同研究成果に基づき昨年12月に設立された企業。再生医療の基盤となる細胞培養用基材の開発・販売およびソリューションをグローバルに提供しており、なかでも「iMatrix-511」は解離させたヒトES/iPS細胞を培養器に接着させる強力な細胞接着活性を持つ物質で、ヒトES/iPS細胞を培養する際に使用される研究用試薬だという。

 今回の提携により、リプロセルは「iMatrix-511」の販売代理店として、世界的な販売ネットワークを通じて「iMatrix-511」をグローバルに販売するという。また、既に販売を行っているヒトiPS細胞用の培養液StemFit AK02NやRNAリプログラミングキットとも非常に相性が良く、効率的にヒトiPS細胞を樹立または増殖させることが可能であることから、相乗的に売り上げを伸ばすこともできると見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均