7921 宝印刷 東証1 15:00
1,436円
前日比
+10 (+0.70%)
比較される銘柄: プロネクサスIRジャパン共立印刷
業績: 今期予想
その他製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.7 1.22 3.48 0.21
決算発表予定日  2016/12/28

銘柄ニュース

戻る
2015年12月29日10時21分

宝印刷が続落、第2四半期累計は46%営業増益も、9~11月期では4900万円の赤字

 宝印刷<7921>が3日続落している。同社は28日引け後、16年5月期第2四半期累計の連結決算を発表した。売上高は前年同期比6.7%増の84億6100万円、営業利益は同46%増の13億4900万円で着地した。

 製品区分別では、金融商品取引法関連製品で競争激化の影響で有価証券報告書や四半期報告書の売り上げが減少したものの、ファイナンス案件の増加による目論見書などの売り上げが増加した。会社法関連製品は、株主総会招集通知の売り上げが増加した。IR関連製品は、ディスクロージャー誌などの売り上げが増加したため、全体の売り上げ増につながった。売上高の増加に加え、新EDINETの対応に要した費用の減少などによる原価率の改善により、営業利益を押し上げた。

 据え置かれた通期の連結営業利益は前期比10.4%増の10億円で、利益面では第2四半期終了時点で超過達成している。ただ、第1四半期(6~8月)の連結営業利益は13億9800万円(前年同期比30%増)の実績だったため、第2四半期(9~11月)だけでみると4900万円の赤字となり、嫌気されているようだ。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均