7913 図書印刷 東証1 15:00
462円
前日比
-8 (-1.70%)
比較される銘柄: 共同印凸版広済堂
業績: 今期予想
その他製品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.6 0.65 0.43 12.45

銘柄ニュース

戻る
2015年09月10日13時19分

【郵政上場関連】初回吸収額は約2兆円か、郵政3社の関連銘柄とは


【郵政上場関連】

日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)は、9月10日に東証より上場承認・IPOが発表され、11月4日に公募・売出が実施される見込み。時価総額10兆円規模、初回の市場調達額約2兆円とも伝わっているうえ、政府は上場益を復興予算に充てる目算から株価を押し上げるための諸施策を実施する公算であり、郵政上場が株式市場に与えるインパクトは相当なものになるだろう。

郵政3社と同セクターの主力銘柄(野村HD<8604>、三菱UFJ<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>、第一生命<8750>、T&D-HD<8795>、ヤマトHD<9064>など)については、ファンド等の売り需要が発生するため、中長期では買いスタンスで投資妙味もある一方で、株価維持政策にも注意しておきたい。ほか、郵政3社と業務提携を結んでいたり取引関係にあったりする会社が複数あり、これらが材料株として注目される可能性も。

さらに、多数のメディアで本件上場が報道される機会が増えることから、それら報道を見た個人投資家が、NISAなどを活用して新たに参戦してくる可能性も充分に考えられ、これらは需給面のプラス要因となるだろう。

<3915>テラスカイ 日本郵便より大型クラウドシステム案件の受注実績あり
<4286>レッグス 郵便局限定グッズを販売するなどマーケティング支援
<3630>電算システム 郵政関連のBPO受託、郵便局での振替MT代行サービスなど
<3113>Oakキャピタル 日本郵便と提携するデジタルポスト社に出資(約44%)
<2321>ソフトフロント 日本郵便と提携するデジタルポスト社に出資(約26%)
<3753>フライトHD デジタルポスト社に出資(約15%)、電子私書箱で思惑も
<7814>日本創発G 傘下の東京リスマチックがデジタルポスト株主(約15%)
<2651>ローソン 08年から郵政との総合的提携、「ゆうパック」の窓口など
<4824>メディアシーク 舞鶴市の郵便ポストにQRコード掲示しスマホ向け情報提供
<6703>沖電気工業 郵政グループのATMや窓口端末機などメカトロ機器提供
<4755>楽天   日本郵便と連携、日本郵政がサービス業なら売り需要も
<9735>セコム  簡易郵便局やATMの警備を受託、売り需要の可能性も
<7913>図書印刷 郵便局でデジタルサイネージ(電子看板)事業を開始
<8267>イオン  高齢者見守りサービスで日本郵政と共同検討中
<8253>クレディセゾン 日本郵便、セゾン投信の3社間で連携、郵便局で投信販売

出所: FISCOアプリ掲載(9月9日(水))の記事を転載

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均