7911 凸版印刷 東証1 15:00
1,062円
前日比
+8 (+0.76%)
比較される銘柄: 大日印共同印リンテック
業績: 今期予想
その他製品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.3 0.72 1.88 0.09

銘柄ニュース

戻る
2016年08月29日11時25分

凸版印が反発、家具一体型のサイネージを開発

 凸版印刷<7911>が反発。この日、双方向のデジタルサイネージ技術を高級家具調テーブルに組み込んだ一体型サイネージ「コミュニケーションテーブル」の本格的販売を9月から開始すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っているようだ。

 新システム「コミュニケーションテーブル」は、三菱地所ホーム(東京都港区)の瀬田ホームギャラリー(東京都世田谷区)に7月2日にオープンした、システム設計住宅「WIZE-H(ワイズエイチ)」のモデルハウスに採用。水平配置した46インチのタッチパネルディスプレーを中心に、テレビやプロジェクターなどさまざまなデバイスに情報を表示させて、モデルハウスの来場者への新しいビジュアルプレゼンテーションシステムとして使われているという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均