7906 ヨネックス 東証2 14:30
5,230円
前日比
+150 (+2.95%)
比較される銘柄: ミズノアシックスデサント
業績: 今期予想
その他製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.7 3.47 0.38 163

銘柄ニュース

戻る
2015年11月10日12時33分

ヨネックスが反落、国内有力証券はダウングレードも中国事業高成長を予想しフェアバリューは継続

 ヨネックス<7906>が反落。一時プラス圏で推移する場面があったものの、前場は伸び悩む格好となった。
 いちよし経済研究所では、中国事業は立ち上がりから売れ行き好調で、「会社計画を上回る販売ペースが続いている模様」としながらも、会社側は当初計画以上の広告投下を始めていると指摘。
 直近の株価上昇も勘案して、レーティングを「A」から「B」に引き下げるものの、会社側は、「中国バドミントン用品の市場規模が当初推計値よりも大きい可能性がある」としていることから、中長期的に中国事業をドライバーに高成長が続くと予想。フェアバリュー3500円は継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均