7867 タカラトミー 東証1 10:30
1,161円
前日比
-2 (-0.17%)
比較される銘柄: バンナムHDハピネットサンリオ
業績: 今期予想
その他製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
67.0 2.97 0.86 0.44

銘柄ニュース

戻る
2016年02月10日10時00分

タカラトミーが続落、北米や欧州不振で16年3月期業績予想を下方修正

 タカラトミー<7867>が続落。9日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1700億円から1600億円(前期比6.7%増)へ、営業利益を40億円から26億円(同5.4%増)へ、最終損益を13億円の黒字から75億円の赤字(前期18億1700万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気されている。

 「トミカ」「リカちゃん」など定番商品が好調だった国内や、販路拡大が奏功したアジア地域は堅調に推移したものの、北米地域で穀物相場の大幅な下落の影響を受けた農耕車両玩具や、ベビー商品などの出荷が苦戦したほか、欧州地域における競合他社との価格競争が足を引っ張ったという。また、のれんの減損損失や無形固定資産の減損損失などを計上したこともあり、最終損益は赤字に転落したという。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(15年4~12月)決算は、売上高1280億9700万円(前年同期比9.0%増)、営業利益56億4600万円(同54.2%増)、最終損益27億7600万円の赤字(前年同期6500万円の黒字)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均