7832 バンナムHD 東証1 15:00
3,150円
前日比
-10 (-0.32%)
比較される銘柄: タカラトミーサンリオハピネット
業績: 今期予想
その他製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.7 2.10 0.76 0.56

銘柄ニュース

戻る
2016年03月02日11時00分

バンナムHD、国内大手証券は売り上げが予想を上振れたとしても収益性改善の可能性は低いと解説

 バンダイナムコホールディングス<7832>が反落。プラススタートとなったものの、買い一巡後は売りが優勢の流れ。現在は今日の安値圏で推移している。

 野村証券では、売上高は成長ストーリー(海外のトイホビーとコンテンツ事業拡大)に沿って、順調に進捗していると指摘。それでも、ゲームの開発費や不採算事業の赤字負担などが想定を上回っているとの見方で、今後も海外展開加速に向けた費用負担が増加することを考えると、売り上げが予想を上振れたとしても収益性が改善する可能性は低いと解説。

 レーティングを「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価を3100円から2500円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均