7751 キヤノン 東証1 15:00
3,301.0円
前日比
+17.0 (+0.52%)
比較される銘柄: ニコンソニーエプソン
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.8 1.37 4.54 4.50

銘柄ニュース

戻る
2016年07月26日11時47分

キヤノンは来期の有機EL特需に期待、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

7/25にキヤノン<7751>の国内子会社2社(キヤノンマーケティングジャパン、キヤノン電子)が半期決算を発表、7/12に発表済みのAXISと合わせて、関連上場子会社の決算が出揃いました。

AXISは買収効果もあって2桁増収増益と高成長を維持しましたが、国内子会社2社は、厳しい事業環境の中で収益重視の経営となったようです。

これら子会社の決算発表を受けてSMBC日興証券では、キヤノンについて『同社の本業は引き続き厳しい事業環境に晒されており、通期会社見通しは再度下方修正されるものと考えている』として、『16/12期売上高/営業利益を前年同期比9.5%減/37.6%減の3.44兆円/2,215億円と減収減益』を予想しています。

ただ、17/12期については『営業利益は有機EL投資ブーム効果もあり2,550億円へと3期ぶりに増益に転じる』として、期待を寄せています。

なお同社の16/12期2Q決算発表は7/26に予定されています。

詳しくは7/26付「Opening Bell」の企業アップデートを見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均