7733 オリンパス 東証1 15:00
4,170円
前日比
+75 (+1.83%)
比較される銘柄: ソニーテルモ富士フイルム
業績: 今期予想
精密機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.0 4.04 0.67 1.85

銘柄ニュース

戻る
2016年01月06日13時01分

オリンパスが続落、国内大手証券は、医療事業強化にはインオーガニック成長が必要不可欠との見解

 オリンパス<7733>が小幅に3日続落。朝方は高い場面があったものの、現在は前日終値と比べ小安い水準で推移している。

 野村証券はオリンパスに対する業績予想を上方修正し、目標株価を4450円から5000円に引き上げている。17年3月期の営業利益は前期比7%増益と堅調に成長するとみているものの、市場コンセンサス予想(同16%増益)の達成は難しいとみて、上値は重くなると予想している。レーティングは「ニュートラル」を継続。

 同証券はまた、3月30日発表予定の新中期経営計画表では、内視鏡・エネルギー製品が医療事業の採算性改善のけん引役とされるとみて、さらなる医療事業強化には、M&A・事業提携などインオーガニック成長が必要不可欠との見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均