7731 ニコン 東証1 15:00
1,697円
前日比
+14 (+0.83%)
比較される銘柄: キヤノンパナソニックソニー
業績: 今期予想
精密機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.32 0.94 1.90

銘柄ニュース

戻る
2016年06月30日11時29分

ニコンが続伸、欧州証券は中期的な株価上昇余地は限定的も、第1四半期はコンセンサスを上回ると予想

 ニコン<7731>が4日続伸。現在は上げ幅を縮小している。

 ドイツ証券がニコンについてリポートをリリースしている。熊本地震によるソニー<6758>工場の被災によってCMOSイメージセンサの調達ができず、一眼レフの供給不足が続くものの、ハイエンド一眼レフ新製品は既に発表済みで、コアユーザーの購入は進むと指摘。ミックス改善に加え、広告宣伝費抑制も重なり映像事業の収益性は改善するとみて、コア部材の内製化率の低さも稼働損を緩和と解説。

 同証券ではまた、FPD露光装置も上期はフル生産が続くため、中期的な株価上昇余地は限定的であるものの、第1四半期はコンセンサスを上回ると予想。投資評価は「ホールド」を継続し、目標株価は1600円から1400円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均