7703 川澄化学工業 東証2 15:00
695円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: JMSニプロメディキット
業績: 今期予想
精密機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 0.42 2.16

銘柄ニュース

戻る
2016年03月03日08時10分

川澄化学工業---血液バッグの販売拡大で3Q営業利益の進捗率83.9%


川澄化学工業<7703>は医療機器の開発、生産、販売をグローバルに展開している。同社は日本初のプラスチック製の採血・輸血セットを実用化したことをきっかけに1957年に設立。1972年に国産第一号のコイル型ダイアライザー(人工腎臓)を開発し、人工透析治療の発展に寄与してきた。現在は、人工透析関連製品のほか、血液浄化関連製品、血液バッグ、血管内治療用カテーテルなどを事業展開する。

人工透析治療には、ダイアライザーを使用する血液透析と、自己の腹膜を介して治療を行う腹膜透析があり、日本国内では血液透析による治療が約97%を占めている。血液浄化療法は、血液を体の外に取り出し、病因物質を取り除いて、体に戻すという治療法となる。血液中に存在する物質の除去によって、症状改善が望める様々な疾患の治療に適用されている。

2016年3月期通期業績については、売上高が前期比2.1%増の290億円、営業利益が同35.0%増の19億円、経常利益が同9.0%増の20億円、当期純利益が同43.5%増の14億円と2期連続で増収増益を見込んでいる。足元では第3四半期(4-12月)の売上高が前年同期比横ばいの211.37億円、営業利益が同46.4%増の15.94億円であり、通期計画に対する第3四半期営業利益の進捗率は83.9%となる。

血液及び血管内関連では、輸液関連製品の海外OEM販売などが減少した一方、血液バッグなどの販売が拡大しており、セグメント利益は前年同期比79.2%増に。体外循環関連では、血液回路などの販売が拡大した一方、AVF針(翼付動静脈針)の海外OEM販売、生理食塩液などの販売が減少したが、セグメント利益は同4.3%増となった。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均