7593 VTホールディングス 東証1 15:00
568円
前日比
+7 (+1.25%)
比較される銘柄: ケーユーHDATグループ日産東HD
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.7 2.03 2.82 1.14

銘柄ニュース

戻る
2016年08月10日07時59分

VTホールディングス---1Q営業利益9.64億円、軽自動車の燃費不正問題の影響が響く


VTホールディングス<7593>が8日に発表した2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算は、売上高が前年同期比7.4%減の318.56億円、営業利益が同30.2%減の9.64億円、経常利益が同38.2%減の8.92億円、四半期純利益が同27.7%減の4.36億円だった。

中核事業である自動車販売関連事業の状況は、4月から新たに事業を開始した静岡県のBMWディーラーの販売が寄与したものの、車両供給元の燃費試験データ不正問題により日産自動車の軽自動車2車種が4月から6月にかけて販売停止となったことが響いた。レンタカー部門では新規出店した店舗と既存店の稼動が堅調に推移したため増収増益となっている。
また、建築家とコラボレーションした高級住宅を中心に展開する住宅関連事業は、ニーズの高まりとともに受注棟数・竣工棟数は堅調に推移し、業務の効率化や工事期間の短縮等に注力し収益率の改善に努めている。営業損失ではあるものの収益は改善傾向にある。

17年3月期通期については、売上高が前期比14.0%増の1670.00億円、営業利益が同12.1%減の67.00億円、経常利益が同11.9%減の67.00億円、当期純利益が同7.1%減の38.00幾円とする6月に上方修正した計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均