7575 日本ライフライン 東証1 15:00
4,450円
前日比
-100 (-2.20%)
比較される銘柄: DVxウインP内外テック
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.8 7.20 0.84 16.64

銘柄ニュース

戻る
2017年12月01日11時22分

日本ライフLは大幅反落、野村証券を割当先に新株予約権発行で将来的な需給悪化を警戒

 日本ライフライン<7575>は大幅反落。11月30日の取引終了後、野村証券を割当先とする第三者割当により新株予約権を発行すると発表しており、将来的な需給悪化を警戒した売りが出ているようだ。

 新株予約権の総数は4万個(潜在株式数400万株)で、発行価額は1個1352円。これにより、手取り概算で198億2408万円を調達するが、調達資金は新商品のパイプライン確保や開発生産体制の強化などに充当するという。

 同時に、12月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表したが、これに対する市場の反応は限定的のようだ。投資単位当たりの金額を引き下げることで、投資家が投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上および投資家層の拡大を図ることが目的としている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均