7539 アイナボHD JQ 14:41
714円
前日比
-2 (-0.28%)
比較される銘柄: 山大三谷産業カメイ
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.3 0.48 3.64 12.98

銘柄ニュース

戻る
2016年06月24日16時06分

アイナボHD Research Memo(1):施工と建材・住設機器の卸売を両方行うユニークな企業


アイナボホールディングス<7539>は、傘下に連結子会社3社、非連結子会社1社を抱える純粋持株会社である。主要事業は、タイルやサイディング等の外壁工事、システムキッチンや各種水回り機器等の住設工事及び建材販売、住設機器販売である。施工と建材・住設機器の卸売を両方行うユニークな企業である。これらの業務を主に中小ゼネコンや工務店向けに行っているが、大手ゼネコンからの工事受注もある。徹底した資金回収管理、工事進捗管理を実行しており、その結果、手元のネットキャッシュ(現預金?借入金)は6,725百万円(2016年9月期第2半期末)と豊富でありバランスシートは強固である。

2016年9月期第2四半期は売上高で31,337百万円(前年同期比6.6%増)、営業利益で1,162百万円(同3.4%増)、経常利益で1,312百万円(同8.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は950百万円(同29.3%増)となった。主力事業の戸建住宅事業の売上高が8.6%増と好調であったことから営業増益となった。

2016年9月期は売上高で61,500百万円(前期比9.2%増)、営業利益で1,620百万円(同1.5%増)、経常利益で1,800百万円(同0.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益で1,150百万円(同2.6%増)と予想している。過去に発生した不良工事にかかる張替え費用83百万円を引当金として計上したが、通期では増益を維持する見込みだ。

同社は正式な中計は発表していないが、今期(2016年9月期)終了後に新しい中計を発表する予定であり現在策定中である。基本的には今までと同じ成長を維持する方針のようだが、どのような内容になるか注目される。株主還元については配当性向30%を目途としているが、今期の予想配当性向は26.1%であり、今後の利益動向によっては増配の余地はありそうだ。

■Check Point
・タイル工事以外にも各種建材・住設機器の卸売も拡大
・16/9期2Qは増収増益、戸建住宅事業では単価の高い案件に注力
・16/9期は増収増益見通し、収益性改善から利益目標の達成は可能

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均