7521 ムサシ JQ 15:00
1,487円
前日比
-6 (-0.40%)
比較される銘柄: 中央魚ペッパー昭光通商
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.8 0.42 2.02

銘柄ニュース

戻る
2016年08月10日07時50分

ムサシ---1Qの連結業績は増収・大幅な増益で順調な滑り出し、7月の参議院選挙などが寄与


ムサシ<7521>は9日、2017年3月期第1四半期の連結業績を発表。

売上高で前年同期比5.1%増の87.01億円、営業利益で同35.9%増の4.73億円、経常利益で同32.6%増の5.18億円、親会社株主に帰属する四半期純利益で同34.1%増の3.40億円と増収・大幅な増益と、順調な滑り出しとなった。

7月に実施された参議院選挙向けに投票用紙読み取り分類機や交付機などの機器、各種システムなどの販売が順調に推移。統一地方選が実施された前年同期をさらに上回った。また、文書のデジタル化業務の受注が伸長し、収益性も向上するなど業績に寄与した。
このほか、金融汎用システム機材の販売が前年同期実績を上回り堅調。紙・紙加工品の営業利益も黒字回復するなど、すべてのセグメントにおいて営業増益となった。

今後の業績見通しについては、参議院選挙や東京都知事選挙に対する売上が7月以降も計上されているため現時点では伸長幅が不明とのことで、第2四半期及び通期の業績予想の修正は行っていない。グループで注力している文書のデジタル化事業も、第2四半期以降の受注が順調に推移すると見込まれるうえ、さらに今年末から来年初めにかけて衆議院選挙が実施されることになれば、かなりの業績上振れが期待される。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均