7453 良品計画 東証1 15:00
21,960円
前日比
-350 (-1.57%)
比較される銘柄: ファストリUアローズアダストリア
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.8 4.08 1.25 3.57
決算発表予定日  2017/01/05

銘柄ニュース

戻る
2016年08月09日19時01分

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家中原良太:米雇用統計の内容を踏まえ、これからどうする?


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報 - Stock Forecast」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年8月7日23時 に執筆

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

昨日、うちのパソコンが壊れました。

相場を分析したいのに、
ロクにチャートを読むこともできず、
悔しい時間を過ごしているところです^^;

でも、相場分析は欠かせません!

今の相場をサーっと眺めてみて、
その中でも有力そうな銘柄を4つほど探すことにしました。

さて。

8月5日の夜、に発表された7月の雇用統計の内容は好調。これを受けて、米国株式市場はダウが191ドル高となるなど、盛況となりました。これは、日本株にとっても好材料だと期待できます。

そう考えると、これからの日本株市場は更に上昇すると期待できるでしょう。

ただし、市場によって、その上昇の度合いは違うと考えられます。

それこそ、米国市場の影響が大きな大型株は影響が大きいので、期待をしても良いのかもしれません。一方、マザーズ株やジャスダック株といった新興株はあまり期待できないでしょう。

以上の点を踏まえて、今週の投資スタンスを考えてみましょう。

・・・
・・・
・・・

ちなみに、、、

僕の投資スタンスは以下の3パターンに分類できます。

【相場が上昇相場のとき…「順張り投資」】
年初来高値更新銘柄など、上昇傾向が強い銘柄の続伸を狙います。

【相場が下落相場のとき…「逆張り投資」】
暴落相場などで、中長期で下落した銘柄のリバウンドを狙います。

【相場がボックス相場のとき…「押し目買い投資」】
人気株の下落を狙って、小さなリバウンドを狙います。

上記のように相場の状況によって投資法を使い分けると、
過去の統計上、利益を出しやすかったようなのです。

たった3通りしかないので、凄くシンプルですよね。



…と、いうことで。今のところの僕の投資スタンスはこんな感じです。

【日経225銘柄:押し目買い】
注目中の銘柄例:日産化学工業<4021>
17年3月期は、最高益を更新する計画。第1四半期の決算内容はやや減益での着地となりましたが、これから下落すれば、さらに割安感が増すことが期待できます。直近は3000円付近まで株価が下落しています。もう一段下がったタイミングを狙えば、リバウンドによる利益も見込めるかも。

【TOPIX:逆張り】
注目中の銘柄例:良品計画<7453>
業績は着々と拡大傾向。海外での出展も積極的で、更なる業績拡大にも期待できます。直近の急落によって、節目の20000円を割り込みました。今後の短期的なリバウンドに期待です。

【ジャスダック:逆張り】
注目中の銘柄例:セリア<2782>
店舗数は着々と拡大しており、好調。業績も最高益更新の計画。直近は株価が急落し、節目の7000円まで接近しています。今後は買い支えが入りやすい状況とも考えられますので、反発に期待したいところ。もう一段押したタイミングが狙い目か。

【マザーズ:逆張り】
注目中の銘柄例:イトクロ<6049>
業績は絶好調。学習塾選びのためのポータルサイト「塾ナビ」が好調。着々と拡大を続けています。欧米やアジアでも好調で、今後の業績拡大にも期待です。上場直後でまだ株価が安定していないなか、目先は株価が急落していますが、2500円あたりが価格的にもキリがよく、一度は買い支えが入る可能性も期待できるでしょう。さらなる下落があったタイミングで買い付けたい有力候補です。

以上が、いまの僕の投資スタンスです。

決算発表も目白押しなので、様子見をしつつ、有力株を拾っていきたいところですね。^^@

- 中原良太

----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報 - Stock Forecast

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均