7451 三菱食品 東証1 15:00
3,205円
前日比
-90 (-2.73%)
比較される銘柄: 加藤産伊藤忠食トーホー
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.5 1.21 1.56 0.19

銘柄ニュース

戻る
2016年02月04日12時13分

三菱食品、米系大手証券は低温食品の成長力を評価、レーティングを最上位に引き上げ

 三菱食品<7451>が小幅続伸。プラスながらも今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 米系大手証券では、利益重視の戦略によって収益体質は強化されていると指摘。今後の同社は、安定した収益基盤の構築というステージから低温食品事業の成長が業績を牽引する段階に入るとみて、想定以上に低温食品の成長が高く、コスト削減も進んでいると評価(16年3月期予想ベースの低温食品の売上構成比は39%、営業利益構成比は56%の見込み)。

 レーティングを「2」から「1」に引き上げ、未付与としていた目標株価を3300円に設定している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均