7312 タカタ 東証1 15:00
567円
前日比
-20 (-3.41%)
比較される銘柄: 三桜工武蔵精密HKS
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.4 0.39 297

銘柄ニュース

戻る
2016年02月02日12時33分

ホンダ、国内調査機関はアウトパフォームは見込み難いもののファンダメンタルズ改善は進むと予想

 ホンダ<7267>が3日続伸。徐々に上げ幅を拡大しており、現在は今日の高値圏で推移している。

 TIWでは、タカタ<7312>関連を中心とした品質問題から、相対的な業績の伸びの弱さが引き続き意識されやすいと考え、株価の市場アウトパフォームは見込み難いと指摘。それでも、新モデルの好調により主力の四輪販売が海外で着実に上向いていることや品質関連費用減少が見込める来期は増益が想定されること、昨年末の北米新型「シビック」投入を皮切りにモデルサイクルが今後上向くことから、ファンダメンタルズ改善は着実に進むと想定。

 レーティング「2」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均