7312 タカタ 東証1 15:00
618円
前日比
+41 (+7.11%)
比較される銘柄: 三桜工武蔵精密HKS
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.6 0.42 297

銘柄ニュース

戻る
2016年02月02日07時50分

前日に動いた銘柄 part2:アイレップ、プロパストなど


銘柄名<コード>⇒2月1日終値⇒前日比

アイエスビー<9702> 792 -99
先週末にかけて急伸した反動で利食い売り。

新生銀行<8303> 164 -22
マイナス金利導入や先週末の下方修正を嫌気で。

ソニーFH<8729> 1730 -237
保険株にもマイナス金利導入の影響懸念。

七十七銀行<8341> 488 -65
順調な決算発表も銀行株安の流れで。

黒田電気<7517> 1702 -228
先週末に発表した下方修正や減配を嫌気で。

タカタ<7312> 595 -66
先週末は自動車各社との協議受け上昇も戻り売り。

スルガ銀行<8358> 1930 -228
地銀株はETF買い入れ拡大見送りもマイナス。

京都銀行<8369> 838 -84
地銀株で下落率が大きいもの目立つ。

大和工業<5444> 2632 -191
中東合弁事業のリスクに対する警戒感で。

りそなHLDG<8308> 503.6 -43.9
第3四半期純利益は前年比3割減益に。

広島銀行<8379> 537 -58
銀行株安の流れに押される。

みずほFG<8411> 193.7 -12.1
マイナス金利導入による悪影響懸念でメガバンクは大幅安。

シャープ<6753> 143 +4
革新機構の再建案を受け入れへなどと伝わっている。

神戸製鋼所<5406> 121 +6
鉄鋼業界の再編期待なども波及する格好に。

ケネディクス<4321> 482 -4
先週末は日銀の緩和策発表後に大幅高で。

東芝<6502> 209.1 +10.1
革新機構主導による事業再編の動きを期待で。

ANA<9202> 338.8 -12.2
通期業績上方修正も想定線で出尽し感。

野村HLDG<8604> 672.8 +22.8
日銀の追加緩和策実施に伴う株式市場の先高期待で。

富士通<6702> 475.2 -22.1
通期営業利益は1500億円から1300億円に減額。

三井不動産<8801> 3012.0 +209.0
不動産株にはマイナス金利政策に伴うメリット期待。

NTT<9432> 5378 +350
ドコモの株価急伸が刺激となる格好に。

ダイハツ<7262> 1977 +117
トヨタとの株式交換比率にさや寄せも。

弘電社<1948> 288 +61
通期営業利益は5.5億円から10.5億円に増額修正。

アイレップ<2132> 472 +80
第1四半期の大幅増益決算を好材料視。

理経<8226> 269 -53
テーマ物色で連日急伸となった反動も。

スターフライヤー<9206> 4455 -845
決算発表での出尽し感や利用率低下などが響くか。

戸上電機<6643> 498 -41
通期計画据え置きで出尽し感も。

ITM<2148> 1208 -121
15年4-12月期も大幅増収増益ながら材料出尽くし。

プロパスト<3236> 349 +31
日銀のマイナス金利導入を受けて引き続き不動産株に買い。

ファンドクリG<3266> 222 +50
事業内容から追加緩和のメリット大きいとの見方も。

ビーロット<3452> 1565 +300
マザーズでも不動産株の一角が大幅続伸。

ネクストジェン<3842> 1288 -140
5G関連やAR/VR関連のテーマ株に利益確定売り。

アンジェス<4563> 292 +80
田辺三菱<4508>と国内で遺伝子治療薬を発売と報じられる。

SOSEI<4565> 12860 +860
アンジェス急伸でバイオ株に物色波及も。

日ダイナミク<4783> 1009 +150
15年4-12月期決算やMinori<3822>との提携を発表。

エナリス<6079> 348 +29
内部管理体制確認書を東証に提出。

スパークスG<8739> 285 +41
15年4-12月期の大幅増益決算や株主還元を好感。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均