7270 SUBARU 東証1 15:00
3,326.0円
前日比
+46.0 (+1.40%)
比較される銘柄: トヨタホンダ日産自
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.6 1.64 4.33 2.14

銘柄ニュース

戻る
2017年03月22日09時07分

トヨタ、富士重などウリ気配スタート、1ドル=111円台半ばへの急速な円高嫌気

 トヨタ自動車<7203>、富士重工業<7270>、ホンダ<7267>などの自動車株が軒並みウリ気配で始まる展開となった。前日の米国株市場ではNYダウが約半年ぶりの急落をみせ、リスク回避の流れが強まるなか、米長期金利の低下を背景とした日米金利差の縮小思惑が為替市場でドル売り・円買いを誘発。足もと1ドル=111円50銭近辺と急速な円高が進行しており、これを受けて自動車セクターは輸出採算の改善期待が後退、売りの手掛かり材料となっている。トランプ政権の保護主義政策に対する懸念もくすぶっており、目先は押し目買い意欲も限定的となっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均