7270 富士重工業 東証1 15:00
4,823円
前日比
+29 (+0.60%)
比較される銘柄: トヨタホンダ日産自
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.3 2.73 2.99 1.06

銘柄ニュース

戻る
2016年07月15日10時13分

国内有力証券、1ドル=105円なら為替による業績下ブレ懸念が和らぐことが期待できる

 東海東京調査センターでは、今日の日本株は強含みの展開を予想。

 1ドル=105円台まで円安が進展したことが日本株の押し上げに寄与するとの見方で、とくに、トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>、富士重工業<7270>などの自動車株や、東レ<3402>、三菱電機<6503>、ファナック<6954>、コマツ<6301>などは17年3月期業績の前提為替レートを1ドル=105円としているため、為替による業績下ブレ懸念が和らぐことが期待できると解説している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均