7261 マツダ 東証1 15:00
1,910.5円
前日比
+37.5 (+2.00%)
比較される銘柄: トヨタホンダ日産自
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.4 1.17 1.83 1.23

銘柄ニュース

戻る
2016年09月02日16時16分

本日の注目個別銘柄:ノバレーゼ、マツダ、関西スーパーなど


<8011> 三陽商会 168 +5
堅調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「アンダーウェイト」から「ニュートラル」に格上げ、ライセンス消滅による悪影響は織り込んだと判断しているようだ。株価下落にも調整一巡感が強まる中、信用倍率も0.5倍台にとどまっており、売り方の買戻しの強まりにもつながっていると見られる。

<9919> 関西スーパー 1542 +300
ストップ高。首都圏地盤の食品スーパーであるオーケーが発行済み株式数の5.6%を取得したことが分かったと伝わっている。両社にはこれまで取引関係がなく、オーケーは保有目的に「重要提案行為などを行うこと」も明記しているもよう。今週初にかけては、材料が見当たらない中での株価急伸が話題になっていた。共同仕入れなどの提携策、あるいはM&Aへの発展なども思惑視される格好か。

<2128> ノバレーゼ 942 +150
ストップ高比例配分。投資ファンドのポラリスが買収を発表、TOB価格の1944円にさや寄せを目指す動きとなっている。ポラリスは完全子会社化を目指している。同社は投資ファンドの傘下に入ることで資金を取得、出店や広告などを積極化させていく計画。TOB価格は前日終値の約2.5倍の水準に当たり、買収プレミアムは非常に大きくなっている。

<7261> マツダ 1716.5 -7.5
反落。米ISM製造業景況感指数の下振れを受けて、米国の9月利上げに対する期待値が低下、ドル円相場が円高に反転したことで、円高デメリットの代表格と位置づけられる同社には戻り売り圧力が強まる展開になっている。また、米国自動車販売の伸び悩み、ディーゼルエンジン不具合でのリコールなどもマイナス材料に。なお、自動車株は本日全般的にさえない動きに。

<8306> 三菱UFJ 575.5 +1.5
切り返す。海外金融株高の流れを背景に、今週は銀行株の強い動きが目立っていたが、本日は米国市場で金融株が下落しており、東京市場でも関連株には戻り売りが先行した。ただ、足元の長期金利上昇を背景に、大和証券が投資判断を「3」から「2」に格上げしており、売り一巡後は切り返す展開に。

<6770> アルプス 2287 -114
大幅反落。本日は電子部品の一角でさえない動きが目立っている。米アップルが「iPhone」の販売不振を受けて、サプライヤーに部品の値下げを要請していると海外紙で伝わっており、警戒感につながっているようだ。アップルではサプライヤーに対し、新型iPhone向け部品の値下げを受け入れるよう求め、発注数の見通しを下方修正しているもよう。

<3086> Jフロント 1254 +62
大幅続伸。前日には8月の百貨店販売が発表になっており、各社とも総じて低迷している。大丸松坂屋百貨店も前年同月比7.4%減収となっている。ただ、野村證券では、16年末から17年度上期にかけて減収率は徐々に縮小していく見通しと指摘。こうしたなかでは、銀座再開発を明確なカタリストに持つ同社などが先行する形で株価反転に向かう可能性としている。

<2593> 伊藤園 3125 -20
伸び悩む。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は65.2億円で前年同期比52%増益、上半期計画の同21%増益予想に対して順調なスタートに。市場環境改善による販売費の抑制効果に加え、自販機の耐用年数変更による減価償却費の減少効果も拡大したもよう。ここまでの株価調整からリバウンドの動きが先行。ただ、サプライズは乏しく徐々に伸び悩みへ。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均