7261 マツダ 東証1 15:00
1,873.0円
前日比
+22.5 (+1.22%)
比較される銘柄: トヨタホンダ日産自
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 1.14 1.87 1.18

銘柄ニュース

戻る
2016年07月07日14時14分

国内大手証券、円高影響により完成車各社の自己資本は16年3月末比1.2~4.9%減少すると指摘

 国内大手証券の自動車セクターのリポートでは、為替感応度と4~6月期に進んだ円高から試算すると、円高影響により完成車各社の自己資本は16年3月末比で1.2~4.9%減少すると指摘。積極的に生産現地化を進めているなどの理由で、海外子会社の資本が全体の資本に占める割合が大きいほど円高による資本減少の影響も大きいものの、日本からの輸出が中心となる富士重工業<7270>やマツダ<7261>は、海外売上比率が高くても為替換算調整額の変動が自己資本に与える影響は小さいと想定。

 株安の影響は為替に比べると大きくないとみて、BPS減少はヤマハ発動機<7272>と日産自動車<7201>が大きく、マツダと富士重工業が小さいとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均